ABOUT AYURVEDA アーユルヴェーダとは

About Ayurvedaアーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは、”寿命”や”生命”を示す「アーユス」と”知識”や”真理”を表す「ヴェーダ」から成る合成語で、”生命の科学”という意味を持ちます。

5000年(あるいは3500年)前にインド亜大陸で発祥した伝統医学です。
古代インドから今も伝わる「アーユルヴェーダ」は、最古の医学体系です。中国医学、ユナニ医学と並んで、世界3大伝統医学の1つとして世界保健機構(WHO)にも認定されています。

アーユルヴェーダの目的は、健康な人の健康を守り、病人の病気を沈静することです。
内科、外科、小児科など8つあるアーユルヴェーダの治療部門のうち強壮学、強精法の2つが、健康な人の健康を守ることにあたります

このように、アーユルヴェーダは病気になってからの治療法だけでなく、病気になりにくく、なったとしてもすぐに治せるように、健康な人の健康を維持・増進する為の知識も豊富にあるのが特徴です。

毎日の積み重ねの結果として健康や病気がもたらされるので、精神を健全に保つ方法に始まり、食事、睡眠、運動、飲酒などの方法を体質、環境、年齢、季節、時間帯に応じて具体的に教えています。

では、アーユルヴェーダのいう「健康」とはどのような状態なのでしょうか。

3つのドーシャ(生命エネルギー)のバランスが取れていて、消化力、組織の生成、老廃物の生成と排泄が正常に機能していて、精神・感覚器官・自我意識が至福に満ちている状態を「健康」といいます。

これら3つのバランスは個人によって異なりますが、そのバランスを整えることで、その人自身が本当の意味で健康になると考えられています。まずは、自分のドーシャバランスを知ることがアーユルヴェーダにおいての第一歩です。

About Dosha3つの生命エネルギー「ドーシャ」

この世界に存在するあらゆるものは、5つのエネルギーである5大元素「空・風・火・水・地」で構成されているとアーユルヴェーダでは考えます。人体においても、5大元素が組み合わさり構成されると考えられています。

この5つのエネルギーから2つを組み合わせて3つのタイプに分類したものが、「ドーシャ」と呼ばれ、下記の3つの生命エネルギーに分類されます。

風のエネルギーの「ヴァータ」

火のエネルギーの「ピッタ」

水のエネルギーの「カパ」

誰の中にもこの3つのエネルギーが働いています。

3つのうち、どのエネルギーが多いか少ないかといった配合のバランスは人それぞれ違い、これによって身体的な特徴の違い、性格や行動パターンの傾向までもが決まってくるのです。

また、このエネルギーのバランスは生活習慣、年齢、季節に影響されて移り変わります。

特定のエネルギーだけが増えると、不調を感じたり、病気になりやすいと言われています。

アーユルヴェーダの治療や健康増進方は、この乱れた3つのエネルギーのバランスを整えようとするアプローチです。

About VATA・PITTA・KAPAヴァータ・ピッタ・カパ

Ayurveda elements

5つのエネルギーである
五大元素「空・風・火・地・水」を
3つに分類したのが
「ヴァータ・ピッタ・カパ」

ヴァータ

「空と風」のエネルギー

ピッタ

「火と水」のエネルギー

カパ

「水と地(土)」のエネルギー

ご自身の中にこの3つのエネルギーがあると思ってみて下さい。

三位一体という言葉があるように、この3つでバランスを保っているというのがポイントです。人それぞれ、どのエネルギーが多いかはバラバラで生まれた時にそのバランスは決まっています。

その後、生活習慣の変化、環境の変化、年齢、時節などでこの3つのバランスが変化しながら平衡を保ってそれぞれの健康を保っています。逆に生まれながらのバランスが、様々な影響で崩れている状態が続くと病気や老化、そしていずれは死を招いていく、人は誰しもが生まれたら必ず死を迎えます。

ある程度まで成長すると坂道を転がるように、死に向かっていく(老化)のが自然の摂理です。

Pick up☆詳しく解説

アーユルヴェーダの考え方を一つ例をとってお話しします。冬の終わりから春にかけてのカパという水のエネルギーが増える時期について説明します。
この時期はどの体質の人も、体の生命エネルギーのバランスは「カパ」という「水」のエネルギーが増えていく時期です。

アーユルヴェーダでは3つの生命エネルギーを「ドーシャ」と前述しましたが、このドーシャは「病素」という意味もあり、ある1つのドーシャが増えすぎるとバランスを保てなくなり病気になると考えます。

エネルギーなら増えて良さそうですが、増えすぎないように3つのバランスを保つようにするというのがアーユルヴェーダの基本的な考え方です。

カパが増える時期に水のエネルギーをあげる様な食べ物、睡眠の仕方、行為をすると水のエネルギーを多く持っている体質の方は調子を崩す場合があります。

これは季節の過ごし方として、カパ体質の人以外もそれに気をつけて過ごすと健康的に過ごせると言えるでしょう。

その他に時間、季節、年齢、環境(土地)、食事、運動の仕方、睡眠の取り方など様々な要因でドーシャが変化するので、それをコントロールしバランスよく生活する事で健康で元気にいられるという事になります。

Dosha Check自分のドーシャを知ろう

自分の体質・性質を知る!
アーユルヴェーダ式ライフスタイルを送るための一歩

自分の体を知って、
自分の体の声を聞ける様になって
自分の体を自分で守っていく

この食べ物を食べると自分のエネルギーがどう変化するのか?
この季節にこういう生活習慣をしていると自分のエネルギーがどう変化するのか?

など

このようなアドバイスやカウンセリングを通じて
お客様の健康とイキイキ輝くライフスタイルを送るためのサポートをしていくことが
シャンティスウのコンセプトであり、カウンセリングサービスの内容になります。

カウンセリングの詳しい説明はコチラ